Image_結婚披露宴

結婚披露宴の衣装はグレースーツ系かホワイトスーツ系か

woman

結婚披露宴の衣装といえば、皆さんが思い浮かべるのは、もちろん新婦側がどんな衣装を着るのかということであり、例えば、洋装ならばウェディングドレスであり、和装なら白無垢、振袖、色打ち掛けなどの様々な衣装から色々と比較検討して選んだ上で、更に途中の新婦のお色直しを踏まえて、純白のウェディングドレスからカラードレスへの変更といったことや、和装から洋装への変更といったことなど、様々な衣装のバリュエーションがあるのではないかと思います。
また、新婦側の衣装としては、ウェディングドレスの試着が特にそうかとは思いますが、新婦(と新郎、新婦のご両親など)の忙しい合間をぬった上で、ドレスの試着ができる店舗を何店舗も回りながら、ドレスの色や形、価格面などを色々と比較した上で、気に入ったウェディングドレスが予定日に貸し出されていないか等も見ながら、自分が気に入ったものをコツコツ探していくというプロセスかと思います。
一方で、新郎側の衣装としては、正直に言って、あまり参加者も注目して見ていないということもありますし、またウェディングドレスの試着に行った際に、合わせて新郎側もさっと決めてしまうということが多いのではないかと思います。


特に新郎側の衣装は、新婦側の衣装に比べるとバリュエーションも少ないですが、とはいっても新郎にとっては、一世一代の舞台ともいえるので、しっかり選びたいのではないかと思います。
そこで、新郎の洋装で特にポイントとなる分岐点とも言える、スーツの色をグレースーツ系とするのかホワイトスーツ系とするのかということを考えて見たいと思います。
グレースーツは、もちろん無難であるといえ、また大体の人が普段同じような色のスーツを着ていることから、基本的には問題なく似合うか方が多いかと思います。
特に新婦側のウェディングドレスをきちんと目立たせてあげたいという方には良いのではないかと思います。
一方ホワイトスース系は、やはり非常に目立つということがあるかと思います。
このホワイトスーツのようなものを着る機会は、やはり一生に一度しかないので、是非チャレンジしてみたいという方、新郎新婦共にきちんと衣装まで含めて、参加者の方の記憶に残りたいという方はチャレンジしてみてはどうかと思います。
このように、新郎側の衣装に関しても、逆に新婦側にも意見を聞きながら、色々と比較しながら選んでいくことで、新郎側も単なるウェディングドレスの付き添いという形にならず楽しむこともできるかと思います。
http:///xn--h1s64a26mrz3awb1a.wsに結婚披露宴の種類や主な流れについて解説されています。
是非、参考にしてください。