Image_結婚披露宴

絶対に遅刻は避けたい結婚披露宴

woman

友人や知人、あるいは会社の同僚や先輩、または親戚のお祝いごとである結婚式や、結婚披露宴へ招待されることは喜ばしいことです。
幸せなカップルの人生の門出を、皆で祝福してあげることはとても大切なことです。
普段の生活において、華やかな場である結婚披露宴など、滅多に出席する機会はないのですから、新婚カップルの祝福ももちろんですが、その場の雰囲気を十分楽しみたいものです。
しかし、結婚式や結婚披露宴に出席したことのない初めての方にとって、わからないことも多いでしょう。
当日着ていく服装、ご祝儀の準備、結婚披露宴で出される食事のマナーなど、なんとなくわかっているようでわかっていない部分も多いはずです。
事前に、マナーについて少しでも知識を入れておくことが先決です。
初めて出席した結婚式や、披露宴でちょっとした失敗をすることがあるかもしれませんが、これから先いろいろな結婚式に出席するたびに、マナーも身についていくはずです。
失敗から学ぶこともたくさんありますし、周囲の人のマナーを観察しながら、自分の糧にしていくことも大切なのです。
しかし、一番やってはいけないマナーの一つとして、結婚式や披露宴に遅刻をすることです。


式当日は、http://www.rootdownsound.com/5.htmlにもかいてるある通り、必ず早めに会場に着いておくことをお勧めします。
30分前に会場に着いておけば余裕でしょうし、出席する人たちとゆっくりと会話を楽しむことができます。
最悪でも10分前がギリギリといえるでしょう。
しかし、式当日の天候や、交通渋滞などに巻き込まれた場合、やむを得ず遅刻をしてしまう可能性もあります。
こちらの結婚披露宴当日の流れも、頭に入れておくといいでしょう。
なるべく早く自宅を出発することが先決ですが、突然の事故や渋滞に巻き込まれてしまったなどあれば、披露宴に出席する友人や知人に連絡をまずは取って、新郎新婦や両家のご両親に遅刻する旨を伝えてもらいましょう。
すでに式が始まってしまっている場合は、携帯電話を切っていたりすることもあります。
式場に連絡して、遅れることを伝えてもらうようにしましょう。
また、遅刻して披露宴会場に入る場合は、式場スタッフの了解を得てからにしましょう。
突然入ったら、丁度新郎、新婦の入場の時間と重なって、恥をかいてしまうことにもなりかねません。
周囲に十分配慮しながら、会場の自分の席に案内をしてもらいましょう。
また、ご祝儀に関しては、披露宴が終了してから渡すようになります。
会場には、多くの方が出席されていますので、恥ずかしい思いをしないためにも、早めに会場に着くように心がけるようにしましょう。
http://spybubblefreedownload.com/shikijyou.htmlには披露宴会場として定番の結婚式場・ホテル・レストランなどのメリット・デメリットについてかかれていますので、比較してみてください。